PEOPLE OF M’s

京都南座で初歌舞伎

2019-12-17

PEOPLE OF M's

皆さんは今までに歌舞伎を観に行ったことがありますか?

先日、私は人生で初めて歌舞伎を観に行き、改めて日本の伝統文化を知ることができました。

その時、歌舞伎について知ったことがたくさんあったので少しご紹介したいと思います。

まず、歌舞伎は1日に「昼の部」と「夜の部」の2つの部が行われています。1つの部は4つの演目で構成されていて、1つの演目は45分~1時間ほどです。また、それぞれの演目が終わるごとに15分~30分の休憩3回があります。

今回私が観た(夜の部)は午後4時45分~午後9時までだったので全体で4時間ほどありました!すごいですよね!

私が今回観た歌舞伎は『京の年中行・當る子歳吉例顔見世興行・東西合同大歌舞伎』という題名で、南座新会場一周年を記念したものでした。

その中でも特に印象的だったのが『釣女』という狂言で、最後にオチがあって昔のお笑いのように感じることができたので、会場全体が笑いに包まれていましたよ!古語があまりわからない私でも、片岡愛之助さんをはじめとする表情豊かな役者さん方のおかげでとても楽しいひと時を過ごすことができました!

私にとって初めての歌舞伎でしたが、あっという間の4時間で存分に満喫することができました。そして、より多くの人に日本の伝統芸能の1つである歌舞伎を知ってもらいたいと思いました。

もし歌舞伎を観に行く機会があれば、ぜひ一度リニューアルオープンした京都の南座まで観に行ってみてくださいね!

 

南座】⇦ クリックしてみてください!
〒605-0075
京都府京都市東山区四条大橋東詰