2019/05/15 葵祭!前儀の祭り「流鏑馬神事(やぶさめしんじ)」を見にいこう!

葵祭は、祇園祭、時代祭と並ぶ京都三大祭の一つとして知られています。
京都御所から下鴨神社・上賀茂神社へ練り歩く総勢500名を超える行列は、まるで平安絵巻を目の前で見ているようです。
葵祭は、京都最古の祭で、行列のすべてに葵の葉が飾られてます。

葵祭は、2019/05/15に行われます。

葵祭は、開催前にいくつかの「前儀」が行われます。昨年「流鏑馬神事(やぶさめしんじ)」を見にいってきました。

?流鏑馬とは?
疾走する馬上から的に鏑矢(かぶらや)を射る、日本の伝統的な騎射の技術・稽古・儀式のこと

この行事は、葵祭の道中の無事を祈ってお祓いをする神事となり、下鴨神社で行われます。
射手が、疾走する馬の上から、的を射抜きます!馬を走らせながら的を射抜くという、非常に見ごたえのある人気の行事です。

 

 

【その時の動画がこちら】 yabusame/aoimatsuri/festival

矢が的に的中すれば五穀は稔り、諸願は成就すると言われています。
流鏑馬の行事は、日本でも数少なくなってきています。その中でもこの葵祭の流鏑馬は、
他では見ることができない公家装束を着用して行わる貴重な行事です。

この行事は、2019/05/03 13:00-15:30に行われます。
早めに行ったほうが、いい席が取れますよ!
ぜひこの機会に、日本行事を見てみてください!

Close